【今週の入荷情報】笹祝/髙千代/根知男山/麒麟山/大洋盛/農口尚彦研究所

今週の入荷情報をまとめて紹介!

  • 笹祝酒造のしぼりたて!『笹祝 特別純米酒 しぼりたて生原酒』入荷!
  • 高千代酒造から新潟県内限定のおりがらみ『高千代 純米酒 おりがらみ生原酒』入荷!
  • 自社栽培の根知谷産五百万石一等米を使用した限定新酒『根知男山 雪見酒2018』入荷!
  • 麒麟山酒造から毎年大人気のしぼりたて!『ぽたりぽたり きりんざん』入荷!
  • 「旬のおいしいところを限定してお届けする」季節限定の『大洋盛 純米無濾過生原酒』入荷!
  • 「酒造りの神様」の異名をもつ日本最高峰の醸造家が醸す日本酒!『農口尚彦 2017 山廃吟醸無濾過生』入荷!

笹祝酒造

『笹祝 特別純米酒 しぼりたて生原酒』 1,800ml 2,800円(税別) 720ml 1,400円(税別)

原料米:五百万石(新潟産)100% 精米歩合:60% 

笹祝酒造から昨冬よりリニューアルした『笹祝 特別純米酒 しぼりたて生原酒』入荷しました!

新潟産五百万石を使用した特別純米酒となります。

初冬に仕込んだお酒を、生酒・原酒のまま瓶詰め出荷。手塩にかけて仕込んだ日本酒。その最初のしぼりたてを飲む瞬間は蔵人にとって何物にも代えがたい喜び。

そのフレッシュで無垢、そのままな味わいをイメージし、パッケージは極力までシンプルなデザインになっています。


高千代酒造

『高千代 純米酒 おりがらみ生原酒』 1,800ml 2,400円(税別) 720ml 1,200円(税別)


高千代酒造から新潟県内限定のおりがらみ『高千代 純米酒 おりがらみ生原酒』入荷しました!

通常しぼりたてに滓を絡めてさらにコクと旨味がアップ。若干のガス感がある日本酒です。


渡邊酒造店

『根知男山 雪見酒2018』 1,800ml 2,900円(税別) 720ml 1,500円(税別)

原料米:根知谷産五百万石一等米100% 精米歩合:60% 

毎年恒例、根知男山の「しぼりたて生酒」として期間限定・本数限定『根知男山 雪見酒2018』です!

根知谷産五百万石2018年の新米で仕込んだ今年最初の新酒。

日本酒業界において、自社栽培を取り組む酒蔵も出始めましたが、根知男山を醸す渡辺酒造店は地道に16年の実績を積み上げました。中山間地の優良農地を守り、そこで品質の高い酒造好適米を生産するという目標は達成に近づきつつあります。(自社栽培比率94%)


麒麟山酒造

『ぽたりぽたり きりんざん』 1,800ml 3,200円(税別) 720ml 1,600円(税別)

原料米:五百万石(阿賀町)100%  

麒麟山酒造から毎年大人気のしぼりたて!ほとばしるジューシーな旨味!フレッシュな新酒第一号です!

麒麟山酒造の社員自ら田植え、稲刈りを行い、丹精込めて育てた地元阿賀町産・酒米「五百万石」を100%使用して醸した、今年の新酒第一号の純米吟醸原酒生です。

爽やかなメロンを思わせる香りとジューシーなうま味があり、新酒独特のキレの良さと純米らしいふくよかさ、原酒特有の濃厚な味わいのバランスをお楽しみいただけるこの時期だけの限定酒です。


大洋酒造

『大洋盛 純米無濾過生原酒』 720ml 1,380円(税別)


「旬のおいしいところを限定してお届けする」季節限定の『大洋盛 純米無濾過生原酒』入荷しました!

酒質が一番わかりやすいといえる純米酒を原酒で、しかも炭素濾過等の濾過工程を省き、加熱殺菌も行わない本生の純米無濾過原酒となっています。

のど越しの良さと適度な味わいを両立すべく吟醸酒並みの造り及び原酒となっており、新酒ならではのフレッシュな香りと、粗削りながらも純米原酒らしい深みのある味わい、キレの良い後味が特徴です。


農口尚彦研究所

「酒造りの神様」の異名をもつ日本最高峰の醸造家が醸す日本酒!『農口尚彦 2017 山廃吟醸無濾過生』入荷しました!

『農口尚彦 2017 山廃吟醸無濾過生』 720ml 2,500円(税別)

【杜氏の言葉】
爽やかな上立ち香が自慢のお酒です。掛米に美山錦を使うことでスーッと喉を通るときの後口の余韻がなんとも言えない仕上がりになることがわかりました。本当の酒好きに、グラスで冷酒を手で温めながら口に含む直前の香りを楽しみつつ飲んでいただきたいお酒です。酒器にこだわった居酒屋やバーで好まれるお酒です。


▼農口尚彦研究所

2017年に開業した酒蔵は、農口杜氏の酒造りにおける匠の技術・精神・生き様を研究し、次世代に継承することをコンセプトとし、”農口尚彦研究所”と命名されました。
約70年におよぶ酒造り人生の集大成として、夢や情熱をもった若者と共に酒造りをしたいという想いと共に、生涯最高の「魂の酒」造りに挑み続けます。


▼現代の名工「農口尚彦」

1932年、能登杜氏で知られる石川県能登町に、杜氏一家の三代目として生まれる。16才から酒造りの道に入り、27歳と異例の若さで石川県「菊姫」の杜氏に就任。能登杜氏四天王の一人として一躍有名になる。
農口氏が業界に与えた影響は大きく、1973年以降低迷を続けた日本酒市場の中で「吟醸酒」をいち早く広め、吟醸酒ブームを生み出した立役者となる。また戦後失われつつあった「山廃仕込み」の技術を復活させ、山廃ブームの火付け役ともなった。
全国新酒鑑評会にて連続12回、通算27回の金賞を受賞。70年近い酒造り人生の中で数々の銘酒を生み出した。

新潟 長谷川屋

新潟市西蒲区(旧巻町)で店舗を構えている酒屋です。 新潟の地酒を中心に全国の日本酒・焼酎・ワインなどを取り揃えております。

0コメント

  • 1000 / 1000