【今週の入荷情報】岩清水/さっぽろ藤野ワイナリー/夏焼酎

今週の入荷情報をまとめて紹介!

  • 井賀屋酒造より岩清水の"原点"『岩清水 Origine 2018』が入荷しました!
  • さっぽろ藤野ワイナリーより辛口ロゼワイン『KOHARU 2017 ロゼ』&ワイン造りの原点をみつめた新たな試みのワイン『甕 ケルナー 2016』『甕 ヤマブドウ 2016』入荷!
  • 柳田酒造より夏にオススメのさっぱり麦焼酎『夏の赤鹿毛』入荷!

井賀屋酒造

井賀屋酒造より「岩清水 黄色ラベル」改め『岩清水 Origine 2018』が入荷しました!

井賀屋酒造のある長野県中野市は畜産が盛んな町ですが、それに合うお酒を造りたいとの思いから「肉に合う酒!」をコンセプトに杜氏 小古井宗一氏が18BYより挑戦し続けてきた「五割麹」、今では看板商品となりました。まさに「岩清水の『オリジン:原点(フランス語)』です!

名称及びラベルをリニューアルし、どことなくどっしりとした旨味といい意味でやぼったさもあるお酒でしたが今回は程よく垢ぬけた味わいとなりました。


『岩清水 Origine 2018 あらばしり』 720ml 2,400円(税別)

「あらばしり」...搾り始めの最初の部分。香り華やかでフレッシュ、炭酸ガスが多く含んでるので開栓注意。

『岩清水 Origine 2018 中取り』 720ml 2,400円(税別)

「中取り」...最初のあらばしりが終わった中取り部分。香味のバランスに優れている。

『岩清水 Origine 2018』 720ml 2,400円(税別)

「責め」...最後の搾り部分。洗練されて濃い味わい。

さっぽろ藤野ワイナリー

『KOHARU 2017 ロゼ』 750ml 2,000円(税別)

アルコール度数10.5度

北海道内の契約農家で収穫された複数のぶどう品種を天然酵母でゆっくりと発酵させたのち、最適な比率でブレンドを行いました。イチゴやラズベリーの甘酸っぱさの中に熟した果実の柔らかさが余韻を引き立てる辛口ロゼワインです。

亜硫酸(酸化防止剤)の使用は最小限にとどめ、無濾過で瓶詰めしているため自然の炭酸ガスやぶどう由来のオリが含まれることがありますが全く無害ですので安心してお召し上がり下さい。


▼さっぽろ藤野ワイナリーの新たに試みたワイン

ワイン造り発祥の地といわれるジョージア(旧グルジア)。クヴェヴリといわれる素焼きの甕を用いた伝統的なワイン製法は現在も受け継がれています。長い歴史の過程の中で独特な形状となったクヴェヴリをこの北海道で再現すべく、知床にある「斜里窯」で特別に素焼きの甕を造っていただきました。

ワイン造りの原点を見つめていくことで触れられるワイン造りの奥深さや尊さ。北海道で育てられたブドウ、北海道の土で造られた器、この地にいる微生物の力、発祥の地に伝わる伝統的な製法。さっぽろ藤野ワイナリーが新たに試みたワインです。


『甕 ヤマブドウ 2016』 500ml 3,500円(税別)

・北海道余市町登町 三氣の辺産 ヤマブドウ種 100%使用
・収穫日:2016年10月26日
・陰干し期間:2016年10月27日-2016年12月21日
・甕入れ期間:2016年12月22日-2017年6月26日
・瓶詰日:2017年9月4日
・アルコール度数:13度
・野生酵母で発酵、亜硫酸防止剤無添加、無補糖、無補酸、無清澄、無濾過で瓶詰
・クヴェヴリ 制作 斜里窯 中村二夫 北海道産の土100%使用

北海道余市登地区、「三氣の辺」産のヤマブドウ種を風通しのよい場所で一定期間陰干しさせ、全房のまま甕の中に入れしっかりと櫂入れを行い天然酵母の力でゆっくり発酵させました。その後果皮や種を入れたまま熟成させました。もともと酸が高いヤマブドウですが、陰干しすることで糖度も高まり、アルコールのボディもしっかり出ることでバランスが整いました。

北海道の野生種でもあるヤマブドウは甕仕込みのイメージにぴったりとはまり、実際どこかで朴訥として優しい味わいの仕上がりとなりました。


『甕 ケルナー 2016』 500ml 3,500円(税別)

・北海道余市町登町 中井農園産 ケルナー種 100%使用
・収穫日:2016年10月17日
・甕入れ期間:2016年10月18日-2017年6月20日
・瓶詰日:2017年7月26日
・アルコール度数:11.5度
・野生酵母で発酵、亜硫酸防止剤無添加、無補糖、無補酸、無清澄、無濾過で瓶詰
・クヴェヴリ 制作 斜里窯 中村二夫 北海道産の土100%使用

北海道余市町登地区、「中井農園」産のケルナー種を選果したのちに一部は除梗し、一部は全房のまま甕の中に入れ天然酵母の力でゆっくりと低温発酵させ、果皮や種を入れたまま熟成させました。

熟成期間中に少しずつもろみが下がり始めるとともに上澄みとしてワインが現れはじめました。6月20日、その上澄みを優しく取り出し、残りのもろみを軽く圧搾しました。オリが改めて下がるのを待ったのち、細いチューブを用いて一本ずつゆっくりと瓶詰めしていきました。瓶めまで酸化防止剤は使用していません。

落ち着きのある橙色、和柑橘系の香りをはじめ、杏、カリン、マンダリンオレンジ、ハーブ、多様な香りの要素を内包しており、時間とともに徐々に開き始めています。口当たりは柔らかくケルナーの果実味もありながらも厚みもあり、穏やかな渋みのタンニンが味わいの幅を広げ、ほどよい酸が優しい余韻をもたらします。


柳田酒造

『夏の赤鹿毛』 1800ml 1,852円(税別) 720ml 926円(税別)

原料麦:九州産二条大麦 ニシノホシ
酵母:平成宮崎酵母
アルコール度数:20度

柳田酒造より香ばしい麦焼酎が人気のシリーズより夏仕様のさっぱり美味しい麦焼酎入荷しました!

汗をかきのどが渇く夏の時期は、ビールやハイボールなどの需要が一機に増える時期です。しかし、もともと焼酎の季語が「夏」であるように、かつては焼酎が夏に楽しまれるお酒でもありました。

また20度の焼酎は単に飲みやすいだけではありません。「日本のひなた」と言われ、快晴日数が全国2位、全国から多くのサーファーたちが集まる宮崎では、今でも20度の焼酎が最も好まれます。

暑い夏にふさわしい20度の焼酎をテーマに造り込んだ焼酎が『夏の赤鹿毛』です。通年流通の赤鹿毛と異なる酵母、『平成宮崎酵母』を選択、蒸留の時に熱の与え方を変えることで、麦の焙煎した香りがはっきりと表れました。

新潟 長谷川屋

新潟市西蒲区(旧巻町)で店舗を構えている酒屋です。 新潟の地酒を中心に全国の日本酒・焼酎・ワインなどを取り揃えております。

0コメント

  • 1000 / 1000