焼酎にも季節があるんです!それは"夏"!

暑い夏にピッタリの爽やかで飲みやすい夏焼酎!焼酎デビューにもオススメです!

▼『焼酎』は夏を表す”季語”

焼酎は古くから庶民の酒として愛され、夏の疲れた体を回復させるために暑気払いとして飲まれていたことからも、俳句で『夏』を表す季語にもなっています。


焼酎の度数はほとんどが25度ですが、今回紹介した4つの夏焼酎は全てアルコール度数が20度の焼酎。

この20度の焼酎は宮崎県の焼酎文化として続いている伝統と歴史にあります。

戦後、酒税は国の大きな財源として高い税が課せられていました。当時焼酎はアルコール度数25度以上のものしか製造を許可されておらず、度数が高いが故に酒税も高くなり、庶民には高価なものとされていました。

その影響で宮崎県では素人が造る悪質な密造焼酎「ヤミ焼酎」が多く出回ってしまします。

国は対策として酒税の低いアルコール度数20度の製造販売を許可したことで、度数の低い分酒税が安くなり、正規の蔵元から質の良い美味しい焼酎が安い価格で買えるようになりました。

そういった歴史背景があり、宮崎では現在も20度の焼酎が馴染みの味として定着しています。


アルコール度数が20度と聞くと少し損したような気持ちにもなりそうですが、25度の焼酎とは違った美味しさや飲みやすさなどが今人気になっています!

価格もリーズナブルで、ロックや水割りにすることでさらに飲みやすく、蒸留酒なのに食中酒としても楽しめます!


飲み方は本場の焼酎文化同様に「ロック・水割り」や、都内でもじわじわ火が付いている「JAPANISE HIGHBALL」スタイルの「ソーダ割り」も美味しいですよ!

新潟 長谷川屋

新潟市西蒲区(旧巻町)で店舗を構えている酒屋です。 新潟の地酒を中心に全国の日本酒・焼酎・ワインなどを取り揃えております。

0コメント

  • 1000 / 1000