【今週の入荷情報】ドメーヌ・ショオ/髙千代酒造

今週の入荷情報をひとまとめに紹介します!

  • 新潟角田浜のワイナリー「ドメーヌ・ショオ」から、個性的で飲みやすいワイン2本入荷!
  • 髙千代酒造からTakachiyoシリーズ第6章!酒米に「美山錦」を使用した日本酒&こだわりの希少米「一本〆」を使用した髙千代酒造を代表する純米大吟醸入荷!

Domaine Chaud(ドメーヌ・ショオ)

新潟ワインコーストと呼ばれる、日本海に面した角田浜、越前浜にある5つのワイナリーが集うエリア。

【Domaine Chaud(ドメーヌ・ショオ)】は2011年に創業し、国産ブドウ100%のワインを少量ながらも、夫婦2人で熱心に造る小さなワイナリーです。土から考えて無農薬を試み、シンプルな造りと「1人1本飲めるワイン」を目指しています。

『Simply remember my favorite things 2016』750ml 2,800円(税別)

品種:マスカットベリーA 収穫年:2016年 ALC:11% スクリューキャップ栓

栽培:山形県産

醸造:除梗破砕ロット&除梗のみロット別仕込 亜硫酸不使用 酸化は回避するよう操作 低温発酵 野生酵母ロット&培養酵母ロット別仕込 キュベゾン短め(当社畑シリーズの1/3) 乳酸発酵あり マスカットベーリーA専用樽熟成 無清澄無濾過 亜硫酸は瓶詰時のみおまじない量添加 いつもの造りです。野生酵母ロットと培養酵母ロットを別々に造り、樽もそれぞれ個性に合わせて変えて、最後にバランスをとって合わせます。


▼ワイナリーによるコメント

飲みやすいです。けど、どこか複雑味のある面白さ。出汁はちゃんと引っ張れました。山形県産マスカットベーリーAらしく酸が綺麗にでてます。すこし酸っぱいかな?と始まり、ぐいぐいじょばじゃば飲めますよ(笑) 大地系の香りもあり、けどかわいらしい果実の香りもあります。ミドルにスパイスも感じられ、アフターは得意の出汁感☆ ドメーヌショオらしいベーリーAです。


『No I won't be afraid, no I won't be afraid 2016』750ml 3,200円(税別)

品種:カベルネミトス100% 収穫年:2016年 ALC:9% 王冠栓

栽培:北海道余市

醸造:除梗破砕後果汁のみを野生酵母発酵 乳酸発酵有り 無清澄無濾過 無補糖 亜硫酸不使用 瓶内二次発酵 澱引きなし ドサージュ無し


▼ワイナリーによるコメント

ドイツが生んだ傑作黒葡萄と呼ばれる、カベルネソーヴィニヨンとブラウアーリンバーガー(ブラウフレンキッシュ)との交配種です。1970年に交配され、2001年から一般に栽培されるようになました。 渋く重くならないように造りました。色は濃いですが飲み口は優しく、しっかりした酸と旨みが広がります。見た目と香りからは想像できないほど飲みやすいです。 今回は瓶内2次発酵のスパークリングになります。亜硫酸不使用・野生酵母・無補糖・無清澄無濾過 ナチュラルなジューシーワインです。

髙千代酒造

『Takachiyo 59 MIYAMANISHIKI』1,800ml 2,700円(税別) 500ml 1,050円(税別)


「扁平精米59%」「協会酵母1801」「吟醸造り」を統一し、全国のこだわりの酒米を使用する『takachiyoシリーズ』。

今回の第6章は、酒米に長野県産の「美山錦」を使用した日本酒です!

美山錦は長野県で生まれた酒米。山田錦、五百万石に次いで生産量が多く、寒さに強いことからも東日本を中心に使用されることの多い酒米です。 この米で造られた酒米は、淡麗な仕上がりになり、若く可憐な酒質を生み出します。

Takachiyoらしいジューシーな甘みとエレガントさに美山錦の可憐さがマッチングした一品です!


『髙千代 純米大吟醸 南魚沼産一本〆全量仕込 無調整瓶火入』1,800ml 3,400円(税別) 500ml 1,700円(税別)


全国でも珍しい酒米「一本〆」を使用し、日本百名山「巻機」の伏流水で大切に仕込まれた、特約店限定の髙千代酒造を代表する純米大吟醸です!

髙千代酒造は長年こだわりを持ち、「一本〆」を扱い続けてきました。一本〆は「端麗辛口」な味わいとは少し違い、米の旨みが出るお酒に仕上がります。つまり、米の風合いが残るお酒になりますので「純米酒」造りに適したお米ということになります。

今回の日本酒は、南魚沼産「一本〆」を全量使用し精米歩合48%まで磨いた”ジューシーで旨口"な酒です!






新潟 長谷川屋

新潟市西蒲区(旧巻町)で店舗を構えている酒屋です。 新潟の地酒を中心に全国の日本酒・焼酎・ワインなどを取り揃えております。

0コメント

  • 1000 / 1000