にいがた酒の陣でデビュー!『越後鶴亀 ki 生酛 純米吟醸』

3月11日~12日に行われた「にいがた 酒の陣」、今年は入場者数が過去最高の13万人を超え大盛況でした!

そんな酒の陣でデビューした越後鶴亀の日本酒『越後鶴亀 ki 生酛 純米吟醸』入荷しました!

新潟ではまだ数少ない『生酛系』の日本酒。昔ながらの伝統的な造りならではの味わいが楽しめます!

『越後鶴亀 ki 生酛 純米吟醸』   720ml 1,500円(税別)


通常2週間かけて造る酒母を昔ながらの手作業で4週間かけて仕上げました。

蔵に住み着いた自然の乳酸菌が生み出した越後鶴亀ならではの味わいがお楽しみいただけます。

柔らかな甘さと弾ける酸がすっきりとした、キレのいい純米吟醸です。

▼『生酛造り』とは…

生酛造りとは、自然の力を活用して造る伝統的な日本酒の造り方です。江戸時代に確立され明治末期まで日本酒は主にこの方法で造られてました。

生酛造りは酒の味に影響する雑菌や野生酵母を退治する乳酸菌を自然に発生させ、山おろしという酒母の材料を桶に入れすりつぶす作業を行う伝統的な造りです。(ここで山おろしをしない造りを山廃造りといいます。)

この造りは手間と時間がかかる上に高度な技術が必要なため、今では安定した造りができる「速醸造り」がほとんどの蔵で主流となっています。

しかし近年ではその伝統的な造りや奥深い味わいに惹かれ、生酛造りに挑戦する蔵が増えてきています。

生酛の味わいの特徴は「濃醇な米の旨味と酸味」があり、奥深い味わいが楽しめます。

手間暇かけて自然と伝統で醸されたお酒は『日本酒の未来を担う造り』として今注目されています。

新潟90蔵以上の銘柄が利き酒できる越後のお酒ミュージアム「ぽんしゅ館」で1位を獲得した『越後鶴亀 純米酒』や、酒の陣でも大人気で女性にもおすすめの『越後鶴亀 ワイン酵母仕込み純米吟醸』もおすすめです!


新潟 長谷川屋

新潟市西蒲区(旧巻町)で店舗を構えている酒屋です。 新潟の地酒を中心に全国の日本酒・焼酎・ワインなどを取り揃えております。

0コメント

  • 1000 / 1000