お待たせしました!小布施ワイナリーの趣味で造る日本酒!

(追記2/5 750ml入荷お知らせ)

今年もやってきました!この時期に出荷される毎年大好評の限定商品「小布施ワイナリーの日本酒」です!

まず初めに定番の6号酵母を使った『ヌメロシス(NUMERO SIX) サケ エロティック』が届きました!

予定では3月頃に1号~5号酵母を使用したバージョンも入荷予定です!

『ヌメロシス(NUMERO SIX) サケ エロティック』 1,500ml 2,600円(税別) 750ml 1,500円(税別)


小布施ワイナリーの日本酒は雪と厳寒の冬、ワイン畑仕事ができない数週間にワイン造りから離れ、ワイン設備を共用し趣味で極少量を作り上げる"SAKE"です。

趣味と謳いながらも小布施ワイナリーらしいこだわりが沢山詰め込まれています!

◎ブルゴーニュワイン的思想で自社産無農薬の長野産美山錦を100%使用。

◎酵母は頒布中止となっている「1,2,3,4,5号酵母」そして現在頒布されている中で最古の酵母の「6号系酵母」をそれぞれ造り分け、すべて生酛造り。

◎活性炭、培養硝酸還元菌、無機塩類、醸造アルコールなど、無添加。

1号~6号酵母までそれぞれ使用した6種類は酵母による違いのみで、全て純米吟醸・美山錦・精米歩合59%・アルコール度数16度・生酛となっております。


ワイナリーがつくるだけあってワインテイストのある日本酒で普段日本酒をあまり飲まない方でもやみつきになったという方が続出しています!

詰めたてなので開けてすぐは微発泡感があり、栓を開けてからも何日もかけてお飲みいただくと味の変化をよりお楽しみいただけます。

今年から750mlは見た目が少し変わってボトルの形がシャンパン瓶からモーゼルフルート瓶に変わりました。より、EROTIQUEのイメージに合う瓶という感じになってます!

もう一つ大きな変化に、栓がコルクになりました!

普段ワインを飲まない方は少々面倒に感じるかもしれませんが、開けてから何日もかけて変化を楽しむ事を考えると、コルクで栓ができるのは便利だとおもいます!(ソムリエナイフも特価で販売しておりますのでご安心ください。)

趣味だからこそ細かいところへのこだわりが感じられます!



▼6号酵母とは?

6号酵母は今から80年以上前に秋田の『新政』の蔵から発見され協会酵母として認定された酵母、日本醸造協会が頒布されている中では最古の酵母で以降は遺伝子学的に子孫たちになります。

特徴としては"香りが穏やか""生もと系の造りに適している"酵母です。

当時の日本酒の歴史として、1号~5号酵母は灘・伏見・広島の酵母で西日本を中心としていました。寒冷地である東北が銘醸地になったのは低温発酵のできる"6号酵母"のおかげ。

その後、6号酵母の販売と共に1号~5号酵母の頒布は中止となりました。

寒冷地でも安定した酒造りが可能となり、今では銘醸地となっているのも6号酵母のおかげといえます。

裏ラベルにはいつものうんちくがたっぷり! エロティックという名前の由来もまた"らしさ"を感じます。


新潟 長谷川屋

新潟市西蒲区(旧巻町)で店舗を構えている酒屋です。 新潟の地酒を中心に全国の日本酒・焼酎・ワインなどを取り揃えております。

0コメント

  • 1000 / 1000